プロミスってヤバい消費者金融なの?

プロミスは大手消費者金融の中でも1,2を争う人気のカードローンで、深夜の時間帯のCMで見かけない日が無いほど有名です。

有名だからこそ、

  • プロミスからお金を借りても大丈夫なの?
  • 急に取り立て行為ってされない?
  • そもそもプロミスってヤバい会社じゃないの?

と思い込んでいる人もいます。

しかし、オリコン調べによる「2020年ノンバンクカードローン顧客満足度 総合1位」に輝いた実績があり、利用者が安心して利用できる消費者金融です。

そこで、プロミスが安心安全に利用できる理由と、今でもヤバい会社と言われてしまう理由を解説します。

プロミスは安全な消費者金融

プロミスをヤバい会社だと思っている人のために、安全である理由となる

  • 貸金業者として正規登録されている
  • 大手銀行と同じSMBCグループ
  • 厳しい審査をしている
  • 貸金業法を守った融資を行っている
  • 利用者数が非常に多い

など5つを例にして解説します。

貸金業者として正規登録している

プロミスは貸金業を行うために必要な国や都道府県知事への登録を行っており、国から認められた貸金業者なので安全です。

貸金業者としての登録には基準があり、暴力団が違法営業している闇金業者貸金業を正常に運営できない業者は登録できません。

あと、貸金業者の自主規制や指導、監査など行う内閣総理大臣に認可された法人「日本貸金業協会」にも登録しており、一定以上の貸付業務が行われている安全性があります。

貸金業者としての登録番号
財務局日本貸金業協会
プロミス関東財務局長(13)第00615号第0000001号

違法行為や指導に従わない場合は、登録取り消しや協会員剝奪などの処分が行われるので、正規登録されているプロミスは安全と言えます。

大手銀行と同じSMBCグループ

プロミスは、SMBCグループ内の消費者金融業務を行うSMBCコンシューマーファイナンスのブランド名です。

消費者金融として独立していた以前は会社名でしたが、2012年のSMBCグループの完全子会社化の際に社名変更によって変わりました。

SMBCグループは日本3大メガバンクの1つ「三井住友銀行」があり、絶大な信頼と安全性が高い融資が受けられると評判が高いです。

あと、SMBCグループにはもう1つの消費者金融業務を行う「SMBCモビット」もあり、こちらも人気のカードローンです。

厳しい審査をしている

プロミスが申込者の中から融資を行う利用者を決めるには、厳しい審査によってふるいに掛けられます。

プロミスを申し込めば、誰でも審査に通過できてお金が借りれるわけではありません

闇金など違法業者は誰でも審査に通り、後で誰彼構わず法外な利息をむしり取る危険な行為をします。

しかし、プロミスは返済能力が十分ある申込者しか審査に通らないよう基準があり、普通に利用すれば問題ありません。

プロミスの審査通過率
年月審査通過率
2020年8月39.5%
2020年9月38.4%
2020年10月38.7%

プロミスの審査通過率はコロナが流行する前は45%前後ありましたが、コロナ禍でも40%近くの人が審査に通過できます。

それでも10人中6人は審査に落ちるほどプロミスの審査は厳しいので、審査に通過できた人は最低限の返済能力があると判断されたと思ってください。

総量規制の範囲内で融資を行っている

2010年6月18日に過剰貸付の抑制のために総量規制が導入され、プロミスは高い限度額では契約できないようになっています。

総量規制とは

年収3分の1を超える融資ができないようにする法律で、例えば年収300万円の人が借り入れできる金額は100万円までになります。

総量規制の範囲内で限度額を決定するので、返済能力を超えてしまう融資はされないので安全です。

プロミスと契約した限度額内であれば繰り返し利用できますが、限度額いっぱい借り入れすると追加融資はできません。

利用者数が非常に多い

プロミスの利用者が少ないと「ヤバいからじゃないの?」と思ってしまいますが、プロミスの利用者数(顧客数)140万人以上(2020年10月時点)で非常に多いです。

消費者金融各社の利用者数(顧客数)
消費者金融利用者数
プロミス140万5千人
アコム151万人
アイフル90万5千人
SMBCモビット51万8千人

※プロミス、アコムは2020年10月時点※アイフルは2020年9月時点、残高ありの人数※SMBCモビットは2020年3月時点

消費者金融の中で利用者数が最も多いのはアコムですが、プロミスも僅差で業界2番目の利用者数です。

同じSMBCグループのSMBCモビットと合わせると190万人以上の利用者数になり、消費者金融で最も利用者数の多さになります。

プロミスの利用者が多いということは安全に利用できている証拠で、問題がある消費者金融であれば解約や社会問題になっているはずです。

プロミスがヤバい会社と言われてしまう理由

ここまでプロミスが安全な消費者金融と解説しましたが、やはり「プロミスはヤバい会社」だから借金すると危険だと言う人は今でもいます。

プロミスがヤバい会社と今でも言われてしまう理由には

  • 金利が高い闇金のイメージがある
  • 借金するだけで信用情報にキズが付きそう
  • 返済を延滞すると取り立てが怖そう

など、昔の金融ドラマや映画の影響が強いです。

高金利が取られる闇金のイメージがある

プロミスは昔、今よりも高い金利で融資する時代があり、「高利貸しの闇金と同じだ!!」というイメージを抱いている人は今でも多いです。

プロミスの上限金利と出資法の金利の推移
プロミスの上限金利出資法の金利
1989年~年29.20%(日歩 8銭)年54.75%
1995年~年28.47%(日歩 7.8銭)年40.004%
1997年~年25.55%(日歩 7銭)年29.2%(2000年6月~)
2007年~年17.80%(日歩 4.88銭)年20.0%

利息制限法の上限金利は金額に応じて「年15.0%~18.0%」で、上の表を見ると、以前のプロミスは利息制限法と出資法の間の「グレーゾーン金利」で融資を行っていました。

これはプロミスに限らず、他社の消費者金融でも同じで社会問題にもなり「大手消費者金融=闇金」という悪いイメージが生まれました。

しかし、2010年6月18日に改正された貸金業法に伴い、

  • 出資法の上限金利を年29.2%から年20.0%に引き下げ
  • グレーゾーン金利の撤廃
  • 利息制限法を超える金利は行政処分の対象

などの厳しい法改正が行われ、グレーゾーン金利で取った利息は「過払い金」となり体力のない消費者金融は潰れました。

プロミスの現在の上限金利は「年17.8%」となっているので、利息制限法を超える高い金利で契約することはありません。

借金するだけで信用情報にキズが付きそう

プロミスで借金するだけで他のローンの審査に影響が出てしまい、最悪はブラックリスト入りになってしまうのではと思い込んでいる人がいます。

少しだけ合っているとも言えますが、プロミスでお金を借りただけで信用情報にキズが付くことはありません。

プロミスで借入すると、加盟している信用情報機関「JICC」「CIC」の2つに借入情報が記録されるのは確かです。

この時に他社のローン商品を申し込めば、信用情報機関への照合で借入情報が確認されるので、多少は審査への影響はあり、審査に落ちる可能性は少しだけ高くなるかもしれません。

しかし、借入だけで確実に審査に落ちてしまう「信用情報のキズ」とはなりません。

信用情報のキズになるのは

  • 長期延滞(61日以上または3ヶ月以上の滞納)
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 代位弁済
  • 強制解約

などがあります。

プロミスに限らず、借金するだけで信用情報にキズは付きませんが、長期間の返済の遅れや債務整理などすれば信用情報に異動情報として記録されるので注意してください。

返済を延滞すると取り立てが怖そう

悪徳金融が自宅に押し掛けて借金を取り立てされるドラマなどのイメージで、プロミスでも延滞すれば厳しい取り立て行為があるのではと思っている人がいます。

確かに、プロミスで借金返済を延滞してしまうと取り立ては行われます。

「プロミスから取り立てされるんだ!?」と思う人もいると思いますが、取り立て行為は貸金業法 第21条で厳しく規制されているので、悪徳業者のような違法な取り立ては行われません。

  1. 正当な理由がなく9:00~20:00以外の時間帯に「電話」「FAX」や自宅への訪問はしない
  2. 正当な理由がなく自宅以外に「電話」「FAX」や訪問はしない
  3. 退去願いには応じるようにする
  4. 第三者や周囲に張り紙や看板で借金についてばらしてはいけない
  5. 債務者に対して他の貸金業者から借金をして返済資金にするように要求しない
  6. 債務者以外に代位返済を要求しない
  7. 第三者に債務者の借金返済の協力するように要求しない
  8. 債務者がお願いした弁護士や司法書士からの書面が届いたら返済要求を止める

上記は貸金業法 第21条を少しかみ砕いて紹介しましたが、深夜や早朝の取り立て行為などは禁止されていますので、プロミスから自宅へ訪問するような取り立てはまずありません。

しかし、返済が遅れると携帯電話に電話連絡があったり、督促状が自宅に届くことはありますので注意してください。

プロミスの返済が遅れないように返済日について「プロミスの返済日で迷わない!いつから?何時まで返済できる?返済が間に合わない時の対処法」で詳しく解説しています。

プロミスから安心してお金を借り入れできる特徴

プロミスが安全でヤバい会社ではないとここまでの解説で紹介しましたが、これからプロミスを申し込もうと考えている人のために、安心して借り入れできる特徴を紹介します。

プロミスのカードローンが他社よりも優れている特徴は

  • 上限金利が低く30日間無利息サービスがある
  • 女性専用「レディースコール」がある
  • 返済方法が多い
  • 郵送物なしの「Web完結」で家族にバレにくい

などがあります。

1つずつ特徴を解説していきます。

上限金利は低くて30日間無利息サービスがある

前項目で紹介したプロミスの上限金利は利息制限法を守った「年17.8%」は、他社の消費者金融の金利より低くなっています。

消費者金融各社の上限金利の比較
消費者金融上限金利
プロミス年17.8%
アコム年18.0%
アイフル年18.0%
SMBCモビット年18.0%
レイクALSA年18.0%

大手消費者金融のほとんどが年18.0%の上限金利に設定している中、プロミスだけが僅か年0.2%だけですが金利が低くなっているのが分かります。

限度額が高い融資や返済期間が長い利用になる場合は、プロミスの低い金利は有利になります。

あと、プロミスの30日間無利息サービスは他社の無利息サービスより優れている点があります。

消費者金融の無利息サービス適用開始日の比較
消費者金融適用開始日
プロミス初回借入翌日※
アコム初回契約翌日
アイフル
レイクALSA
SMBCモビット無利息サービスなし

※WEB明細の利用とメールアドレスの登録が必要

プロミスの無利息サービスが適用されるのは「初回借入翌日」に対して、他社は「初回契約翌日」になっています。

プロミスを初めて契約しても借入しなければ無利息期間を消化することはありませんが、他社は借り入れしなくても初めて契約した翌日から無利息期間が消化されます。

1日でも多く無利息サービスの期間が適用されれば、利息を抑えやすいメリットがプロミスにはあるので、安心して借り入れができます。

女性でも安心「レディースキャッシング」など対応が充実している

お金を借りるのは男性のイメージが強いですが、今では女性もキャッシングする時代です。

プロミスでは女性でも安心して借り入れしやすいように、女性専用「レディースキャッシング」というローン商品があります。

レディースキャッシングは、女性が相談しやすいように女性オペレーターが常駐している「レディースコール」があり、プロミスの借入や返済など様々な相談ができます。

レディースキャッシングだからと言っても、プロミスの通常のカードローンと機能や審査基準は同じで、利便性が劣ることはありません。

もちろん30日間無利息サービスもついています。

返済方法が多く返済計画が立てやすい

プロミスの返済方法は全部で7種類あり、利用者に合った返済方法が必ず見つかります。

プロミスでおすすめの返済方法は「口座振替」で、毎月の返済期日に最低返済額が口座から自動的に引き落としされるので、返済計画が立てやすく返済日を忘れる可能性が低いです。

しかし、計画通り最低返済額を返済し続けても完済できますが、返済期間が長くなり利息の支払いが多くなるデメリットがあります。

そこで、インターネット返済や提携ATM・プロミスATMを利用して追加返済すれば、借入残高を早く返済できて利息の支払いを少なくできます。

返済計画よりも早く完済したいのであれば、プロミスで利用できる多彩な返済方法を上手く活用するのがおすすめです。

プロミスの返済方法については「プロミスの返済方法【全7種類】を徹底解説!返済で困らないための注意点やおすすめポイントを紹介」で詳しく解説しています。

来店不要・郵送物なし「Web完結」で家族にバレにくい

カードローンを契約すると通常は自宅へローンカードなどが届きますが、プロミスの「Web完結」を利用して申し込むと自宅への郵送物が無いので家族にバレる心配を最小限に抑えられます。

家族にカードローンの利用がバレる原因の多くが「自宅への郵送物を見られた」です。

プロミスから自宅へ届く郵送物の種類は

  • 契約後の契約書類とローンカード
  • 利用明細書
  • 督促状などのハガキや封筒

があります。

プロミスのWeb完結は契約書類を会員サービスで確認が可能で、カード発行なしのカードレス契約になるので安心です。

プロミスではカードなしで借入や返済できる方法が数多くあるので、心配ありません。

利用明細書の郵送もプロミスのWEB明細を利用すれば止めることができます。

WEB明細はプロミスの30日間無利息サービスを利用するための必須条件なので、申込時に設定するのを忘れないようにしましょう。

唯一、プロミスから郵送物が止められないのが、返済が延滞している時に必ず郵送される督促状です。

数日の延滞であれば自宅へ督促状が送られてくる心配はありませんが、数週間返済が遅れると確実に自宅へ届くので返済するようにしましょう。

プロミスのWeb完結の申込の流れは「プロミス【Web完結の流れ】気になる必要書類と在籍確認は徹底解説!」が参考になるので、ぜひご覧ください。

プロミスで借りる時の心配もない

ここまでご覧くださった方は、プロミスが安全な会社で安心して利用できる特徴があると分かったと思います。

しかし、実際にプロミスを利用する上で借り方が不便だったり、希望する日に借り入れできないとなるのは心配ですよね。

そんなプロミスの借入に関して解説します。

多彩な借り方が用意されている

契約したカードローンの借り方が少ないと不便ですが、プロミスの借入方法は

  • 振込キャッシング
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口

の4種類あり、様々な利用状況に対応できる借り方があるので便利です。

手数料無料で借り入れできる「振込キャッシング」「プロミスATM」や、手数料が有料でも24時間借入できる「提携コンビニATM」などあります。

プロミスのおすすめの借り方は振込キャッシングで、24時間365日利用可能で手数料も無料です。

借入しやすいからと言って借りすぎには注意して、返済計画の範囲内で利用金額を決めましょう。

プロミスの詳しい借り方は「【絶対に役立つ】プロミスからお金の借り方は4種類!申込・審査から借入までの流れを徹底解説」で紹介しています。

急な借り入れにも対応できる最短即日融資が可能

「どうしても今日中に借入したい」という状況でカードローンを検討している人は多いですが、プロミスでは即日融資に対応しているので、申込当日中の借り入れができます。

プロミスの融資できるまでの時間は早く、審査時間は「最短30分」最短1時間融資が可能になっています。

プロミスの審査回答を行っている時間は21時までなので、遅くとも20時までに申込を完了させれば即日融資の可能性があります。

確実にプロミスで即日融資の借入を希望しているのであれば、午前中や夕方ごろまでに申込を完了させておく方が良いでしょう。

プロミスの即日融資について「プロミスの即日融資は何時まで?今日中に借入できる条件や注意点を徹底解説!」で紹介しているので参考にしてください。

プロミス利用者の口コミ・体験談

プロミスからお金を借りるのはヤバいと考える人は、他の利用者の口コミや体験談を参考にしたいと考えていませんか?

そこで、プロミスを2013年から愛用しているサイト管理人の私の体験談や、ネットにあるプロミスの口コミを紹介したいと思います。

管理人の体験談

私はこれまで約100万円の借入や返済を繰り返しプロミスで利用してきましたが、プロミスを一度でも不便だと感じたことはありません。

急いで借りる理由はありませんでしたので、夜にPCからネット申込したのを今でも覚えています。

翌日の午前中にはプロミスから審査結果の連絡があり、本当に審査のスピードは早いんだなと感じました。

私は、借入・返済ともに24時間利用できるインターネットから申し込んでいるので、時間と手数料を気にせず利用しています。

なので、プロミスカードを一度も利用したことはありません。

プロミスがヤバいと感じて申込を躊躇している人は、まずは申し込んでみるのをおすすめします。

良い口コミと悪い口コミ

プロミス利用者の良い口コミと悪い口コミを紹介します。

今日中に契約できて助かった
年収:300万円雇用形態:正社員年齢:20代・男性
男性20代の口コミ
給料日まであと数日ありましたが、出費が重なり手持ちのお金が残り少なくなってしまい、どうにか借り入れできないか悩んでいました。
そこで、審査時間「最短30分」の文言に魅力を感じた私は、急いでプロミスを申し込んだところ約50分ほどで審査結果がありました。
給料日には完済したので利息は0円だったのも驚きました。
契約限度額30万円
利便性5.0
満足度5.0
夫の内緒で借入できた
年収:120万円雇用形態:パート年齢:30代・女性
女性30代の口コミ
夫の給料は多いとは言えず、子どもも習い事を始める年齢になったので生活費を捻出するのに必死な毎日でした。
私がパート代で足りない生活費を助けていましたが、どうしても欲しいブランドのバックが販売され、夫に相談しても却下。
そこで、プロミスレディースを申し込みました。
限度額は10万円で十分だったので、家族にバレないようにWeb完結で自宅に郵送物が届かなかったので安心でした。
契約限度額10万円
利便性5.0
満足度5.0
結局は債務整理をしました
年収:330万円雇用形態:正社員年齢:40代・男性
男性40代の口コミ
散財してしまう癖がある私なので、いくつかのカードローン会社から借入していました。その中の1つにプロミスがあります。
プロミスと契約した限度額ギリギリまで借り入れて、他社カードローンの返済も困ったとき、家族に頼って少しだけ返済してもらいました。
これが甘かったと思います。お金に困れば家族が助けてくれると思ってしまい、クレジットカードのショッピング枠も使い切ってしまい、借金地獄になってしまっていました。
結局、返済できない状況が続いてしまい、最終的に債務整理をしてしまいました。
契約限度額40万円
利便性5.0
満足度5.0

プロミスの他の口コミを参考にしたい方は「プロミスには悪い口コミってある?評判は良いけど利用しにくいデメリットがあるか徹底調査!」のページをご覧ください。

プロミスは借入してもヤバくない健全な消費者金融

消費者金融を「闇金と一緒だ!」と勘違いしている人も多いですが、プロミスは闇金どころか健全で安心して借り入れできる人気のあるカードローンの1つです。

正式に国と日本貸金業協会の両方に登録されているので安全で、30日間無利息サービスや即日融資など利用しやすいサービスが充実しているのも良いです。

プロミスをヤバいと思って借りる機会を逃すより、必要な時に利用した方が後々借りてて良かったと思うはずです。

プロミスで借りるときの注意点は

  • 返済計画を立ててから借りる
  • 借りすぎる心配があるなら希望限度額を抑えて申し込む
  • くれぐれも借りすぎない

の3つです。

プロミスで借入を検討している人は、安心して申し込んでみましょう。