プロミスの提携ATMを徹底解説

プロミスを契約していると、遊びや買い物など外出時でも、すぐにお金が必要な時に借入しやすいのが「提携ATM」です。もちろん提携ATMで返済もできます。

しかし、提携ATMと言っても「コンビニATM」「銀行ATM」と2種類があり

  • 利用できる提携のコンビニってどこ?
  • 手数料って必要なの?
  • 営業時間は何時まで?

など疑問に感じていませんか。

そこで、プロミスの提携ATMで感じる疑問を1つずつ詳しく解説します。

プロミスが提携しているコンビニATM

プロミスが提携しているコンビニATMの種類は

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-net
  • イオン銀行ATM

があり、コンビニ店舗内に設置されています。

コンビニATMではありませんが、コンビニの店舗内に設置されているマルチメディア端末「Famiポート」も利用可能です。

提携コンビニATMが設置されている主なコンビニ
提携ATMコンビニ
セブン銀行セブンイレブン
ローソン銀行ローソン
E-net
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • コミュニティ・ストア
  • ニューデイズ
  • アンスリー
  • サンドラックCVS
イオン銀行ミニストップ
Famiポートファミリーマート

提携コンビニATMはコンビニ以外に「スーパー」や「ショッピングセンター」の店舗内にも設置されており、全国に6万台近くあり街中でコンビニを見かけに日は無いほどなので利便性は非常に高いです。

ファミリーマートに設置されているマルチメディア端末「Famiポート」返済しか利用できないので、借入する時はE-netの提携ATMを利用しましょう。

コンビニATMの営業時間は24時間

プロミスが提携しているコンビニATMの営業時間は原則24時間なので、

  • 仕事に行く前に借入したい
  • 会社帰りに返済する
  • 急にお金が必要になってしまった

という場面で利用しやすい特徴があります。

もちろん、コンビニATMは土日祝日でも借入・返済の利用が可能なので、買い物や遊びでお金が足りなくなった時におすすめです。

営業時間で注意したいのが、毎週月曜日0:00~7:00はシステムメンテナンスの時間帯なので、コンビニATMの利用ができません。

プロミスが提携している銀行ATM

プロミスが提携している銀行ATM(金融機関ATM)

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 十八親和銀行(借入のみ)
  • 広島銀行(借入のみ)
  • 八十二銀行(借入のみ)
  • クレディセゾン

で、都市銀行だけでなく地方銀行のATMも提携しています。

あと、銀行ATMではありませんが、クレディセゾンのセゾンATMも提携しているので、商業施設やスーパーに設置されている店舗ではプロミスのカードローンが利用できます。

銀行ATMの営業時間はそれぞれ異なる

プロミスが提携している銀行ATMの中には24時間営業もありますが、土日祝日の夜間や早朝に利用できない時間帯がある銀行ATMもあります。

プロミスの提携銀行ATMの営業時間は次の表にまとめました。

銀行ATMの利用可能な営業時間
銀行ATM営業時間
三井住友銀行24時間
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行8:00~21:00
横浜銀行
東京スター銀行
第三銀行
福岡銀行
熊本銀行
十八親和銀行
広島銀行
八十二銀行
ゆうちょ銀行0:05~23:55
クレディセゾン設置店舗によって異なる

メガバンクの三井住友銀行ATMと三菱UFJ銀行ATMはプロミスを24時間利用可能で、ゆうちょ銀行も24時前後10分間を除くほぼ24時間利用できます。

地方銀行ATMでプロミスを利用できるのは8時~21時の間で、早朝や夜間の借入や返済の利用はできないので注意してください。

あと、クレディセゾンのセゾンATMは商業施設の営業時間に準ずる場合がほとんどで、設置店舗によって営業時間がかなり変わるので、事前に営業時間を調べておくと安心です。

プロミスの提携ATMを利用するメリット

プロミスのカードローンは、24時間利用できるコンビニATMや金融機関ATMと提携している特徴以外にも

  • 三井住友銀行ATMは借入・返済ともに手数料無料
  • マルチメディア端末「Famiポート」で返済の手数料無料
  • 周囲にプロミスの利用がバレにくい

などのメリットがあります。

それぞれのメリットにはどのような特徴があるのか解説します。

三井住友銀行ATMなら手数料無料で借入と返済ができる

プロミスの提携ATMの中で、借入と返済の両方で利用手数料が無料なのが「三井住友銀行ATM」です。

三井住友銀行ATMは主要都市や比較的大きな町の駅周辺や中心部に店舗があり、その店舗内にプロミスの提携ATMが設置されています。

あと、病院や市区町村の役所内、商業施設などにも三井住友銀行ATMが設置されているので、借入したいときに利用しやすいメリットもあります。

頻繁に借入したり毎月の返済を提携ATMを利用すると、手数料だけで年数千円必要になってしまう場合もあるので、近くに三井住友銀行ATMがある人は利用をおすすめします。

プロミス利用者である私は、自宅の近くにメインバンクの三井住友銀行があるので、プロミスを利用するのに便利です。

三井住友銀行ATMを利用する流れ

プロミスカードローンを三井住友銀行ATMで初めて利用する時は緊張してしまいますので、操作の流れを紹介します。

  1. 三井住友銀行ATMが設置されている店舗に来店
  2. ATM画面「その他のお取り引き」をタップ
  3. 「クレジットカード」をタップしプロミスカードを挿入
  4. 「お借り入れ」「ご返済」の利用する目的をタップ
  5. 暗証番号を入力
  6. 「出金金額」「返済金額」を入力後、確認ボタンを押す
  7. 借入は出金完了。返済は返済する金額を入金する。
  8. 返済金額の相違を確認して完了。

「お引き出し」「お預け入れ」は三井住友銀行のキャッシュカードを利用するボタンなので、プロミスはその他の取引になりますので注意してください。

あと、取引開始後に表示される「カードローン」のボタンは、三井住友銀行カードローンを利用するためなので、クレジットカードを選択してください。

コンビニのマルチメディア端末で返済するなら手数料は必要ない

「コンビニATMの利用手数料を抑えたい」と考えている人は、コンビニにある「マルチメディア端末」を利用するのと良いでしょう。

コンビニのマルチメディア端末には

  • Famiポート(ファミポート)
  • Loppi(ロッピー)
  • マルチコピー機

がありますが、プロミスカードローンの返済で利用できるのがファミリーマート店舗内にあるFamiポートのみです。

Famiポートでの返済は24時間可能で手数料も無料なので、毎月コンビニATMを利用していた人はかなり手数料が抑えられるはずです。

プロミスからお金を借りているとはバレにくい

プロミスの利用を家族や友人にバレたくないと思っている人が大半だと思いますが、コンビニや金融機関の提携ATMを利用すれば周囲にバレにくいです。

プロミスには自社運営しているプロミスATMがあり手数料無料なのですが、プロミスの自動契約機やお客様サービスプラザに併設されているので、店舗内に入るところを見られてしまいバレる可能性があります

提携のコンビニATMや金融機関ATMなら、プロミスを利用するために店舗に入店しても周囲の人には分かりません。

あとは、お金を借りてATMから出金しても、プロミスから借りたお金だとは思わないでしょう。

さらに、プロミスの振込キャッシングを利用すると「パルセンター」「プロミス」の振込人名義が通帳に記載されてしまい、家族と同じ口座を利用していると確実にバレてしまいます。

提携ATMを利用すれば、その場で利用明細書は発券されるので捨ててしまえば安心です。あとは、WEB明細を登録して明細書が郵送されないようにしておきましょう。

プロミスの提携ATMを利用するデメリット

プロミスの提携ATMを利用するメリットの恩恵は大きいですが、デメリットも覚えておかないと利用してから損したことに気づいてしまう可能性があります。

提携ATMを利用する大きなデメリットは

  • コンビニATM・銀行ATMのほとんどが手数料有料
  • 1,000円単位でしか借入と返済が利用できない

があります。

それぞれのデメリットを詳しく解説するので、ぜひご覧ください。

提携のコンビニATM・銀行ATMのほとんどが手数料有料

メリットで紹介した提携ATM以外のコンビニATMや銀行ATMは、1回の借入や返済ごとに手数料が発生してしまうので、利息以外のコストが多くなってしまうリスクがあります。

プロミス提携ATMの利用手数料
利用金額手数料
1万円以下110円
1万円超220円

手数料の金額は少額ですが、毎回の利用を提携ATMにしてしまうのは危険です。

例えば、同じ月に4回こまめに2万円ずつ借入して1回の返済2万円すれば、1ヶ月だけで1,100円の手数料が発生してしまいます。

こまめに借入することを計画的に借入していると思うかもしれませんが、提携ATMしか利用しないのであれば、必要な金額を初めに考えてから一気に借りた方が手数料を抑えられます。

利便性が非常に高いのが提携ATMのメリットですが、手数料を少なくいたいならメリットで紹介した「三井住友銀行ATM」「マルチメディア端末(Famiポート)を利用した方が良いです。

あと、提携ATMで発生する手数料の支払いにはタイミングがあり、利用時すぐに手数料を支払うのには返済時のみです。

提携ATM利用時の手数料清算のタイミング
取引内容手数料発生清算
借入するしない
返済するする

提携ATMの借入で発生した手数料は、次回の返済時に支払うようにされています。

さらに、返済したお金が充てられるのは順番があり

  1. 費用および手数料
  2. 未払利息
  3. 遅延利息
  4. 元本

になります。

返済金額は元本や利息よりもまずは手数料などの支払いに充てられるので、返済までに提携ATMを多く利用するとなかなか元本が減らないので、返済計画通りに返済が進まない可能性があります。

1,000円単位や1万円単位の借入と返済なので小銭が利用できない

プロミスが提携しているコンビニATMや銀行ATMを利用する場合、

  • 借入時は1,000円単位か1万円単位
  • 返済時は1,000円単位

でしか利用できず、小銭など端数の借入や返済ができないデメリットがあります。

以前の提携ATMで借り入れるときは1万円単位しか利用できませんでしたが、現在は1,000円単位の利用可能な提携ATMも増えています。

プロミス提携ATMの借入できる円単位
提携ATM借入時の単位
三井住友銀行1,000円
セブン銀行
ローソン銀行
横浜銀行
その他の提携ATM1万円

なるべく細かい借入金額を希望するなら、上記の1,000円単位で借入できる4つのコンビニATMか銀行ATMを利用するのがおすすめで、中でも手数料無料の三井住友銀行ATMが良いでしょう。

一括返済や完済したいときに提携ATMを利用すると小銭が利用できないので、端数より多めに返済する必要があります。

プロミスの借入残高の端数をキレイに残さず完済したい場合は、ネット返済など別の返済方法を利用するのがおすすめです。

プロミスの完済する方法は「プロミスの一括返済で完済したい!失敗しない手続きのやり方と注意点を徹底解説!」で詳しく紹介しているんで参考にしてください。

プロミス提携ATMのセブン銀行とローソン銀行はカードなしで利用できる

プロミスが提携しているコンビニATMの中で

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM

カードなしで借入と返済の利用ができます。

「カードを利用しないのが何が良いの?」と疑問に感じる人もいるはずですが、プロミスカードを持ち歩かず急な借入に対応しやすいメリットがあります。

セブン銀行ATMとローソン銀行ATMをカードなしで利用するには、プロミス公式アプリ「アプリローン」の中にある機能「スマホATM取引」を使います。

ATM画面に表示されるQRコードをスマホATM取引のカメラ機能で読み取って、手順通りに進めれば簡単に借入と返済ができます。

今は色々なキャッシュレス決済のためにセブン銀行などでチャージする人が増えているので、プロミスを利用しているとは誰も思いません。

プロミスのカードなしの利用については「プロミスはカードなしで借り入れと返済が可能~「スマホATM取引」をコンビニで利用する方法」で解説しています。

プロミス提携ATMは手数料に注意すれば利便性は高い

プロミスの提携ATMは、三井住友銀行ATMを除けばすべてのATMで手数料が発生してしまう点に注意すれば、外出時に24時間借入や返済ができる便利な利用方法です。

返済のみであればFamiポートを利用すれば手数料は抑えられます。

手数料は気にしない人なら、振込キャッシングして銀行口座からお金を引き出すよりも、プロミス提携ATMをまず利用した方が早い借入ができます。

コンビニATMに行けば、プロミスのカードローンがほとんど利用できる環境と思えば良いので、頻繁に利用せずに急な出費など必要に応じて提携ATMを利用しましょう。