アコムといえば、カードローンの利用においては多くが候補として思い浮かべる有名な会社です。

これからアコムに申し込みをしようかな?と思っている人も多いのではないでしょうか?
そういったときには申込に際して何が必要なのか?どういった書類を用意しておけばいいのか?ということを知っておくとスムーズに申し込みができます。

本人確認書類は注意点がある

アコムのカードローンでは当然ながら本人確認書類というものが必要で、これはさすがに予測ができると思うのです。

しかし、アコムで提出すべき本人確認書類としては顔写真がついているものが原則となっています。顔写真がついていないものを提出することもできるのですが、そのときには別途書類が必要になります。

それが住民票、公共料金の領収書、納税証明書になっています。ちなみに提出する本人確認書類に書いてある住所が現住所と異なる場合もこれらの追加の書類が必要になります。

収入証明書はどういったものならOK?

アコムのカードローンを利用するにあたっては収入証明書が必要になります。

収入証明書として有効な書類は結構幅広いのですが、その中で1つを提出すればOKとなっています。

源泉徴収票、給与明細書、市民税・県民税の税額決定通知書、所得証明書、確定申告書・青色申告書・収支内訳書になります。

こういった5つの中から1つを選択して、必要書類として提出していくことで、申し込みが可能となりますから、こういった点は覚えておきましょう。

収入証明書が必要ないケースもある

収入証明書はアコムを利用するにあたっては必要となる書類の1つですけど、絶対に必要というわけではありません。

必要ないケースが3つほどあって、1つはアコムで借り入れる限度額が50万円未満のケースです。

2つ目はアコムの限度額とそれ以外の会社から借りている金額を合計した数字が100万円未満のケースになります。

そして、3つ目は過去に収入証明書を提出したことがある人に関して、3年が経過していないケースということなので、こういった点も覚えておくと便利です。

まとめ

アコムのカードローンでは必要種類をいくつか用意しないといけませんが、その中でも本人確認書類は顔写真がついていないものや現住所が変わってしまっているものに関しては注意が必要です。

また、収入証明書に関しては必ずしも必要とはいえないので、条件に当てはまっていれば必要ないということは知っておきましょう。

申し込みの際に必要書類が足りないといけないので、こういった情報は確実に知っておかないといけないのです。