アコムとアイフルは同じ消費者金融で、テレビCMや広告でよく見かける機会が多くありませんか?

少し似ているような名前ですので、同じ消費者金融として混同してしまう方もいるはずです。どのような点が似ていたり異なっているのか、比較して見てみましょう。

アコムとアイフルが似ているところ

アコムとアイフルが似ている点は幾つかあります。

似ているところ
  • 金利
  • 無利息期間
  • 限度額

上の3つの項目でアコムとアイフルは似ているところがあります。

金利は「年3.0%〜18.0%」

アコムとアイフルの金利は全く同じ「年3.0%〜18.0%」になります。

一時期は下限金利が年4.5%で違う時もありましたが、今では同じ金利が適用されています。

上限金利の年18.0%は、ほとんどの消費者金融で同じ場合があり、大手消費者金融でプロミスだけが「年17.8%」の上限金利になります。

アコムとアイフルの金利が同じであれば、借入額が同じ場合は発生する利息も変わりません。

無利息期間

消費者金融でよくある「無利息期間」ですが、アコムもアイフルももちろんですが無利息期間があります。

無利息期間があるわけではなく「契約日翌日から」無利息期間が始まる点もアコムとアイフルが似ている点です。

契約日翌日からですので、借入をされなくても無利息期間が始まっていますので、アコムとアイフルでは、なるべく借入が必要になる直前で契約できるようにされたほうが、無利息期間を有効活用出来ます。

限度額

アコムとアイフルの限度額は「最大800万円」で同じです。

消費者金融で限度額800万円というのは、非常に余裕のある限度額が設定されています。もし増額するときにもアコムとアイフルは困ることはありません。

しかし、初めからアコムで800万円を借りれることにはならず、初回契約時には50万円以下で契約になることが通常です。

もし年収が低かったり勤続年数が短いなどの「安定した収入」と判断されないとなると、契約する限度額はさらに少なくなります。

アコムとアイフルが異なるところ

同じ企業ではありませんので、似ているところがあっても異なる点があるのも普通です。

異なるところ
  • 無利息期間が適用される条件
  • 無人契約機の方法
  • 銀行グループ

大きく異なる点は似ている点と同じ3つになります。

無利息期間が適用される条件

最大30日間の無利息期間としては同じ内容になっていますが、無利息期間が適用されるための条件は、アコムとアイフルでは違います。

「初めて契約される方」という点は、アコムもアイフルも同じ条件になります。しかし、アコムには「返済日を35日ごとを選択される方」という条件が加わります。

アコムとアイフル共に「指定日」と「35日ごと」の返済日を選ぶことになっています。指定日は毎月決まった日に返済する方法と、35日ごとは今回の返済日翌日から35日目が次回の返済日になる方法になります。

35日ごとの返済方法では、口座振替の手続きは行えないので、ATMで返済をする必要があります。少しだけアコムでは条件が厳しくなってしまうことになります。

無人契約機の方法

大手消費者金融には無人契約機を郊外に設置しているのが当たり前になっています。アコムは「むじんくん」、あいふるは「てまいらず」になります。

しかし、設置されている契約機内の設備には異なる点があります。

アコムはごく一般的な「タッチパネル方式」の画面を操作することで、カードローンの申込やカード発行が行えます。

アイフルでは「電話ボックス型」で契約機内から電話することで申込を行うようになっています。少し簡素化されたような契約機になります。

直接電話することに抵抗がある方はアコムのカードローンを選ばれたほうが良いかもしれません。

銀行グループ

「消費者金融なのに銀行グループって何?」と考えてしまいそうですが、グレーゾーン金利の問題以降は、消費者金融は経営悪化で銀行の傘下に入ることが多くなりました。

アコムでは「三菱UFJ銀行」がある三菱フィナンシャル・グループに入っています。

では、アイフルはどこの銀行グループに属しているかと言うと、どこの銀行グループにも属していません。昔から独自経営でグレーゾーン金利以降も、経営改善で業績を回復してきました。

やはり、アコムの銀行グループに属しているという点にはメリットが多くあり、安心して使いやすいという消費者は多いのは事実です。

そういう点からも、アコムは消費者金融の中でも貸付残高ナンバー1という実績があることも分かります。