アコムでお金を借りると「あれ、いつが返済日だった?」と、ふと考えてしまった経験がありませんか?

返済日を忘れてしまうと、あとで利息を余計に支払う必要が出てしまうこともあります。

さらに、返済金額を間違って覚えてしまうと、返済額不足になってしまい、これも返済日の遅れに判断されてしまいます。

このページでは、返済日と毎月の返済額に関して解説していきます。

アコムの返済日

アコムの返済日は少し特徴があり、毎月指定日を選択できる方法と、35日ごとに返済日が訪れる方法の2種類があります。

それぞれで特徴が違い、利用する方にとって合う合わないがあるので注意してください。

35日ごとの返済日

アコムの35日ごとの返済は、あまり聞かれたことがない方が多いと思います。

35日ごとの解説

35日ごとの返済日は、前回の返済日の翌日から35日目が、今回の返済日になります。初回の借入の時は、借入日翌日から35日目が初回返済日に決まります。

返済日は35日ごとで固定されるわけではなく、返済日までの途中で返済を行えば、途中返済翌日から35日後に変更されるようになっています。

少しややこしいかもしれませんが、返済を行った日から35日後が返済日になりますが、35日間の返済期間中であれば、好きな時に返済が出来るので、都合が合わせやすいメリットがあります。

あと、アコムのメリットにあります「最大30日間の無利息サービス」を受けるには、35日ごとの返済日を選択することに決まっています。

毎月指定期日の返済日

毎月指定期日というのは、自分の都合に合う返済日を自ら選択出来るようになっています。

難しく考える必要もなく、皆さんが馴染み深いはずの毎月決まった日に返済するという流れです。

給料日が25日だから27日ぐらいを返済日に決めるなど、返済金額のお金を用意しやすい日を選択すれば大丈夫です。

毎月決まった日ですので、返済日を忘れることも少ないというメリットがあります。

しかし、30日間無利息を受けたい場合は、毎月指定期日では利用できないことになっています。

返済日の変更は出来る

35日ごとを選択していたけど、やっぱり指定日に返済するほうが良いと思えば、アコムで手続きを行えば簡単に出来るようになっています。その逆も出来ます。

返済期日の変更方法は、「電話」「むじんくん」「店頭窓口」の3つで行うことが出来るようになっています。

電話と店頭窓口は「平日18時まで」が営業時間になるので、むじんくんであれば土日でも22時まで行うことが出来ます。

注意点

返済期日を変更する時には、前回の返済日から変更当日までの利息を清算しなければ行なえません。

月々の返済額

アコムの毎月の返済金額は、これも少し変わっています。そもそも○○万円の借入残高があれば5,000円、△△万円で3,000円など決まった金額が返済額にはなりません。

上の方法は「元利定額リボルビング方式」ですが、アコムでは「定率リボルビング方式」です。

定率リボルビング方式とは?

最後の借入した時の借入残高に対して「一定の割合」をかけて返済金額を算出する方式です。

「一定の割合っていくら?」と思う方がいるはずですが、一定の割合は1種類だけではなく、契約している限度額によって変わります。

契約極度額 一定の割合
30万円以下 借入残高の4.2%以上
30万円超100万円以下 借入残高の3.0%以上
100万円超 借入残高の3.0%以上
借入残高の2.5%以上
借入残高の2.0%以上
借入残高の1.5%以上

借入残高で一定の割合が決まるのではなく、契約した限度額で決まるのがポイントになっています。

返済金額が契約限度額で変わる例

契約限度額30万円の方の一定割合「4.2%」では、10万円の借入残高の返済額は4,200円となり、100円以下は切り上げなので「5,000円」になります。

契約限度額50間年の方の一定割合「3.0%」では、同じ10万円の借入残高の返済額は「3,000円」になります。

同じ借入残高でも毎月の返済額は限度額で変わるので、一度確認されたほうが良いでしょう。

あと、一定の割合で出された返済額は「最低返済額」ですので、それ以上の返済金額を返しても良いようになっています。

繰り上げ返済されたほうが、借入残高を早く減らせるので、なるべく多めの返済額を用意するようにされたほうがオススメになります。